ご予約・お問い合わせ079-454-6666
住  所:
加古川市加古川町備後63-3駐車場完備
診療時間:
9:00-13:00(月〜土)/ 15:00-19:30(月・火・木・金)
休 診 日:
日・祝/【午後往診】水・土
HOME 美容歯科(アンチエイジング)

プラセンタ治療でお口の症状を改善

プラセンタイメージ

美容業界を中心に話題のプラセンタですが、細胞の活性化を促進する成長因子の働きを、近年歯科治療に再び取り入れる様になってきました。

当院ではプラセンタ注射、サプリメントを取り扱っています。

特に、プラセンタ注射は体内へ直接取り入れることで、即効性と高い効果が期待できます。
歯科医院でのプラセンタ注射は「歯科口腔外科の診療領域」に起因する疾患の治療や予防を目的にすることに限られていますが、普段から麻酔を打つことが多く、口腔内の感覚が鈍いところから注射することも可能なため、歯科医院でプラセンタ注射をする利点は多くあります。

歯科におけるプラセンタ利用

歯科治療におけるプラセンタの効果は主に3つあります。

歯周病予防

歯肉イラスト

人の骨は通常、骨形成(新しい骨が作り出される仕組み)と骨吸収(古くなった骨が破壊されること)が繰り返しバランスよく行われています。 このバランスが崩れ骨吸収のみが進行した結果、歯肉が下がり歯がグラグラする状態が歯周病です。 歯周病はそのまま放っておくとと歯が抜けてしまう可能性もあります。プラセンタ治療は歯周病の悪化を防ぎ、より良い状態を保つのに効果があります。

口内炎の改善

疲れが溜まり、免疫力の低下やホルモンバランスが崩れたことが原因で出来てしまう口内炎。プラセンタ治療を行うことで、今ある口内炎の改善に加え、口内炎ができにくい体質に改善していきます。

顎関節症の改善

あごの関節がカクカク鳴ったり、口の開閉で痛みがある、開きづらいなどといった顎関節症の症状でお困りの方が年々増ています。
細胞の再生をサポートするプラセンタの力でこのような症状を軽減させるために使用します。
また、他の顎関節症治療の補助として用います。

プラセンタには様々な分野で使われています

細胞の活性化を促す働きのあるプラセンタは、美容分野のみで使用されているイメージがありますが、実は美容以外の医療分野の様々な治療にも多く使用されています。

疾患に対するプラセンタの主な効果

頭痛・肩こりイメージ
  • 更年期障害の緩和
  • アレルギー疾患の改善
  • 関節リウマチの症状軽減
  • 肝障害の改善
  • うつ病の改善
  • 腰痛・肩こり・ひざ痛の緩和
  • 血行の改善
  • 放射線障害の回復

美容におけるプラセンタの主な効果

美白効果イメージ
  • 美白効果
  • しみの予防と改善
  • シワやたるみの修復
  • 肌理(きめ)を整える
  • 抜け毛予防

プラセンタは自然界で作られる成分です。

胎盤イラスト

プラセンタとは、胎児と母親とを結ぶ「胎盤」のことです。プラセンタは、お腹の中にいる赤ちゃんへ栄養分を供給したり、病原菌や毒素から守ったりする役割を担っています。

自然から生まれた生物製剤であり、副作用がほとんどないのが特徴です。まれにかゆみが出ることがありますが、たいていの場合は短時間で治まります。

本院で使用しておりますプラセンタ注射薬は、医科の分野では、40年以上前から、更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能障害の保険の適応にもなっている、厚生労働省認可の医薬品を使用いたしております(この間、特記すべき副作用の報告はなされていません)。

また、歯科領域へのプラセンタエキスの使用に関しましては、すでに昭和40年代から大学病院等によって使用がなされ、歯科医学専門誌にも掲載されています。

ただし、プラセンタ製剤を使用する場合には、歯科においては保険の適応外である等、いろいろな条件がございますため、丁寧なご相談の上、同意のもとで施術させていただいております。

【参考文献】
・歯槽膿漏症の研究 九州歯会誌 1959年 ・歯周疾患における胎盤エキス製剤の臨床使用成績について 九州歯会誌 1967年
・歯肉炎、歯槽膿漏症患者におけるIntacelinの臨床成績 歯界展望 日大保存 1967年
・顎口腔外科領域における胎盤エキス製剤インタセリンの使用成績 歯界展望 岡山大口外 1968年
・辺縁性歯周炎に対するインタセリン注射の二重盲検法による薬効評価 歯科時報 日大歯周etc 1976年

お問い合わせメールフォーム

歯に関するご質問・ご相談は、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
ご返信の必要な方は、メールにてご返信させて頂きますので、 メールアドレスはお間違えのないようにお願い致します。
なお、お急ぎのお問合せ・ご質問は、お電話(079-454-6666)にて承ります。

【お願い】お問い合わせメール内に、半角カタカナやローマ数字、丸付き数字などが含まれていると、正しく送信されないことがありますので、ご使用にならないでください。

お名前
(必須)
お名前(フリガナ)
メールアドレス
(必須)
確認用メールアドレス
(必須)
ご住所
電話番号
性別
男性 女性
年齢
歯に関するご質問・ ご相談など
送信確認
上記送信内容を確認したらチェックを入れてください
ページの先頭に戻る